日本人の知らないベトナムの真実 | 育鵬社
育鵬社は扶桑社の教科書事業を継承する出版社です

新刊書籍

日本人の知らないベトナムの真実

著者
川島博之

判型
新書判  344ページ
定価
本体 1100 円+税
発行
育鵬社
発売
扶桑社
発売日
2024年06月29日
ISBN
978-4-594-09771-4

この書籍を購入する

お求めは全国書店、または 以下のオンライン書店にて購入できます。 注意事項
下記のボタンを押すと、各書店のサイトへリンクします(外部サイトへリンクします)
海外への発送はできません。
お届けまで2~7日かかります。
在庫状況等により、ご注文の商品を発送できなくなる場合があります。
お問い合わせは各販売先までお願いいたします。
本の内容

中国と国境を接し、2000年の歴史を持つが、日本と全く異なる社会主義の世界を紹介!

ベトナムの歴史、政治、経済、産業がわかる!

 

【目次】

第1章 現代ベトナムの政治と社会

ベトナム共産党/蔓延する汚職と汚職退治/ベトナム政治の三つの対立

第2章 民衆の心の中のベトナム史

北属時代と独立(ベトナムの古代)/元寇、明からの再独立、南北朝時代(ベトナムの中世)/フランス植民地と日本の進駐(ベトナムの近世・近代)/第一次インドシナ戦争とベトナム戦争/カンボジア侵攻と中越戦争

第3章 GDPと人口動態から読み解くベトナム経済

GDPから読み解くベトナム経済/人口動態が示すベトナム経済の行方

第4章 農業国から工業国へ――ベトナムの産業

エネルギー消費量と経済成長の関係性/ベトナムはもはや農業国ではない/貿易と海外直接投資が示す工業国としてのベトナム

第5章 ベトナムの未来と日本

著者プロフィール

川島博之(かわしま ひろゆき)

ベトナム・ビングループ主席経済顧問、Martial Research & Management Co. Ltd., Chief Economic Advisor。1953年生まれ。1983年東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得退学。東京大学生産技術研究所助手、農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授を経て現職。工学博士。専門は開発経済学。著書に『中国、朝鮮、ベトナム、日本――極東アジアの地政学』(育鵬社)、『歴史と人口から読み解く東南アジア』(扶桑社新書)、『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』『習近平のデジタル文化大革命』(いずれも講談社+α新書)、『「食糧危機」をあおってはいけない』(文藝春秋)、『「作りすぎ」が日本の農業をダメにする』(日本経済新聞出版社)等多数。

本についてのご意⾒・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本⼈の了解をいただいた上で『読者の声』として利⽤させていただくこともございます。