憲法一代記──世界195か国の憲法を研究した私の履歴書 | 育鵬社
育鵬社は扶桑社の教科書事業を継承する出版社です

新刊書籍

憲法一代記──世界195か国の憲法を研究した私の履歴書

著者
西修

判型
四六判  448ページ
定価
本体 2500 円+税
発行
育鵬社
発売
扶桑社
発売日
2024年04月19日
ISBN
978-4-594-09722-6

この書籍を購入する

お求めは全国書店、または 以下のオンライン書店にて購入できます。 注意事項
下記のボタンを押すと、各書店のサイトへリンクします(外部サイトへリンクします)
海外への発送はできません。
お届けまで2~7日かかります。
在庫状況等により、ご注文の商品を発送できなくなる場合があります。
お問い合わせは各販売先までお願いいたします。
本の内容

ネットもない時代にアジア、アフリカ、中東の憲法を日本に紹介、

GHQの日本国憲法原案起草メンバーに直撃取材・・・

東大憲法学におもねらず落語もたしなむ憲法学の泰斗が60年の研究生活を綴る!

 

私の最大の特色は、実際に連合国総司令部(GHQ)で日本国憲法の原案を作成した8人を含む「歴史の証人たち」47人とインタビューしたこと、米国の国立公文書館をはじめあちらこちらの図書館や研究所、記念館のみならず、英国の国立図書館にまで足をのばして取得した一次資料を中心とする日本国憲法成立過程の研究と、世界のすべての国々を対象にした比較憲法の探究にあると思っています。

そして、しろうと落語家として私の高座を多くの人たちに楽しんでいただいた経験は、他の憲法学者にないだろうと思います。本書にいくつか挙げたユーモアを楽しんでいただけたら幸いです。(あとがきより)

 

(本書の内容)

第1章 憲法学研究の端緒

第2章 学会の設立と在外研究

第3章 比較憲法学の探究

第4章 日本国憲法成立過程研究の深化

第5章 憲法9条の正しい解釈への模索

第6章 憲法論議の指標

第7章 憲法改正へ向けて

終 章 私の近況報告

著者プロフィール

西 修 (にし・おさむ)

駒澤大学名誉教授。1940(昭和15)年富山市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同大学院修士課程修了、博士課程単位取得満期退学。駒澤大学法学部教授を経て、2011年より名誉教授。博士(政治学)、博士(法学)。専攻は憲法学、比較憲法学。メリーランド大学、プリンストン大学、エラスムス大学などで在外研究。第1次・第2次安倍晋三内閣「安保法制懇」メンバー。2019年、第34回正論大賞受賞。趣味は落語で、芸名は「またも家楽大(またもやらくだい)」。著書に『憲法体系の類型的研究』『日本国憲法成立過程の研究』(以上、成文堂)、『憲法改正の論点』(文春新書)、『証言でつづる日本国憲法の成立経緯』(海竜社)、『憲法の正論』(産経新聞出版)など多数。

本についてのご意⾒・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本⼈の了解をいただいた上で『読者の声』として利⽤させていただくこともございます。