育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

既刊本のご紹介
近未来戦の核心サイバー戦——情報大国ロシアの全貌

近未来戦の核心サイバー戦——情報大国ロシアの全貌

著者:佐々木孝博
判型:四六判360ページ
定価:本体2500円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:2021年10月22日
ISBN:978-4-594-09001-2
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

電子版書籍のご案内

【本の内容】

知らないうちに多大な被害を受け、攻撃国に大きな利益をもたらす「サイバー戦」の根本思想と実践法とは?
大国ロシアをベースに「サイバー戦」の全貌を元在ロシア防衛駐在官がひもとく!


2014年のウクライナ危機で、ロシアはわずかな抵抗を受けたのみで、簡単にクリミア半島を併合してしまった……「サイバー戦」の例のひとつである。
本書では、情報空間(サイバー空間)におけるロシアの安全保障問題(とくにサイバー戦)について、西側の標準的な考え方や慣習に左右されず、ロシアの為政者がどのように考えているのかに軸足を置き考察している。

【著者プロフィール】

佐々木孝博(ささき・たかひろ)

富士通システム統合研究所安全保障研究所主席研究員、広島大学大学院人間社会科学研究科客員教授、東海大学平和戦略国際研究所客員教授、明治大学サイバーセキュリティ研究所客員研究員、安全保障懇話会研究員。1986(昭和61)年、防衛大学校(電気工学)卒業後、海上自衛隊に入隊。その後、米海軍第3艦隊連絡官、オーストラリア海軍幕僚大学留学、護衛艦ゆうべつ艦長、在ロシア防衛駐在官、防衛省情報本部分析部課長、第8護衛隊司令、統合幕僚監部サイバー企画調整官、自衛隊広島地方協力本部長、指揮通信開発隊司令、下関基地隊司令を経て、2018(平成30)年防衛省退職(海将補)。在ロシア防衛駐在官として外交・安全保障の最前線での勤務に携わった経験や、初代統合幕僚監部サイバー企画調整官として防衛省のサイバー攻撃対処指針の制定・サイバー防衛隊の創設に携わった勤務経験などから、ロシアの軍事・安全保障、情報戦、サイバーセキュリティ、インテリジェンス問題などを専門としている。また、そのようなバックグラウンドから、フィールドワークと学術的見地の融合を重視した研究を行っている。共著に『現代戦争論—超「超限戦」』(渡部悦和氏との共著 ワニブックスPLUS新書)がある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ