育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

既刊本のご紹介
歩いてみて解けた「古事記」の謎

歩いてみて解けた「古事記」の謎

著者:宮崎正弘
判型:四六判248ページ
定価:本体1600円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:2021年11月17日
ISBN:978-4-594-08979-5
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

電子版書籍のご案内

【本の内容】

神武東征に十六年の歳月を要したのはなぜか?  第十代の崇神天皇がハツクニシラス(初めて国を開いた)と言われる理由。なぜ継体天皇の「古志国の大王」だった事実が軽視されたのか?


スサノオ、大国主命、神武天皇、崇神天皇、ヤマトタケル、神功皇后、雄略天皇の七人の英雄の伝承地を辿って見えた『古事記』の実像!

プロローグ  神代の始まり
1章  荒ぶるスサノオ、その裔オオクニヌシノミコトの優しさ
2章  初代神武天皇と第十代崇神天皇
3章  ヤマトタケル伝説を追って
4章  神功皇后の三韓征伐
5章  「大悪天皇」=雄略天皇の虚像と実像
6章  『古事記』は愉しく気軽に読もう
エピローグ  『古事記』を甦らせた苦労の四人

【著者プロフィール】

宮崎正弘(みやざき・まさひろ)

昭和21年、金沢市生まれ。早稲田大学英文科中退。「日本学生新聞」編集長などを経て「もう一つの資源戦争」(講談社)で論壇へ。以後、作家、評論家として多彩な執筆活動を続ける。中国問題、国際経済にも詳しい。神話、古代史でも現地踏査を重視した『こう読み直せ!  日本の歴史』(ワック)、『一万年の平和、日本の代償』『神武天皇以前  縄文中期に天皇制の原型が誕生した』(ともに育鵬社)、『真説・歴史紀行  日本のパワー・スポットを往く』(海竜社)、『明智光秀  五百年の孤独』(徳間書店)などがある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ