育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

既刊本のご紹介
日本人はなぜ欠けた茶碗を愛でるのか

日本人はなぜ欠けた茶碗を愛でるのか

著者:中山理
判型:四六判208ページ
定価:1,760円(本体1,600円+税10%)
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:令和3年7月2日
ISBN:978-4-594-08854-5
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

電子版書籍のご案内

【本の内容】

あなたの素朴な疑問に答えます。
28のQ&Aで楽しく学ぶ
"なるほどニッポン"


この素朴な疑問に答えられますか?
◎日本人はどうしてすぐに謝っちゃうの?
◎日本のアニメが世界中でヒットするのはどうして?
◎血液型性格判断が日本人に人気なのはどうして?
◎お地蔵様はなぜそこにいるの?
◎日本人はどうして「神様、仏様」って言うの?
◎イギリスが紅茶で日本が緑茶なのはどうして?

【著者プロフィール】

中山理(なかやま・おさむ)

1952年三重県生まれ。麗澤大学外国語学部卒業、上智大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程修了。上智大学文学博士。英国エセックス大学、エディンバラ大学留学。麗澤大学外国語学部教授、大学院言語教育研究科教授、外国語学部長、道徳科学教育センター長、学長などを歴任。現在、麗澤大学大学院特任教授。モラロジー道徳教育財団特任教授。英文学、道徳に関する専門書のほか、著書に『日本人の博愛精神』(祥伝社)、『イギリス庭園の文化史』(大修館書店)、『人生100年の時代を楽しむ技術』(育鵬社)、共著に『英語対訳で学ぶ日本』(育鵬社)、渡部昇一氏との共著に『読書こそが人生をひらく』『人間力を伸ばす珠玉の言葉』『荘子に学ぶ明鏡止水のこころ』『運命を開く易経の知恵』(いずれもモラロジー道徳教育財団)、翻訳書にR.F.ジョンストン著『紫禁城の黄昏 上・下 完訳』、ヒレア・ベロック著『ユダヤ人 なぜ、摩擦が生れるのか』、原勝郎著『原勝郎博士の「日本通史」』(いずれも渡部昇一監修、祥伝社)など多数がある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ