育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか

なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか

著者:野嶋剛
判型:四六判280ページ
定価:本体880円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:令和2年7月2日
ISBN:978-4-594-08538-4
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

【本の内容】

わずか感染者442人、死者7人

(日本:感染者約17,000人、死者約900人)※2020/5/31現在

世界最速で「検疫」と「隔離」を徹底できた本当の理由

① “攻め”の水際対策——な「感染症探偵」の活躍/大みそかの攻防
② ためらいなく対中遮断——な政治・経済の脱中国化/マスクの自主確保
③ “神対応”連発の防疫共同体——な公衆衛生の専門家を重用/防疫医師制度

“民主主義”でコロナを撃退した「台湾モデル」の全記録!

【目次】
プロローグ 大晦日の24時間
第一章 世界最速の「水際対策」
第二章 マスク政治学
第三章 台湾の新型コロナウイルス対策を総ざらいする
第四章 「SARSの悪夢」から台湾が学んだもの
第五章 蔡英文政権の強力布陣と「脱中国化」路線
第六章 「疫病の島」から「防疫の島」へ
第七章 中国もWHOも信じなかった台湾
第八章 中国に支配されるWHO
第九章 政治への熱意が作った「防疫共同体」
第十章 台湾に学ぶ「アフターコロナ」

【著者プロフィール】

野嶋剛(のじまつよし)

ジャーナリスト、大東文化大学社会学部特任教授。元朝日新聞台北支局長。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。政治部、台北支局長、国際編集部次長、AERA編集部などを経て2016年4月に独立し、中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に、活発な執筆活動を行っている。『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『銀輪の巨人 ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『台湾とは何か』(ちくま新書)= 第11回樫山純三賞(一般書部門)、『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)等著書多数。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ