育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
左翼グローバリズムとの対決

左翼グローバリズムとの対決

著者:田中英道
判型:四六判208ページ
定価:本体1500円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:令和2年6月23日
ISBN:978-4-594-08532-2
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

【本の内容】

グローバル化の裏に隠れた左翼思想を撃つ!

今こそグローバリズムへの幻想を捨て、健全なナショナリズムへの転換が必要である。

グローバリズム——なぜこの言葉が流行ったのかというと、裏に左翼イデオロギーが刷り込まれていたからである。インターナショナリズムという、共産主義がねらう国際化、世界化の意味が重ねられたのだ。彼らはもう、マルクス主義、共産主義という言葉を使わない。もはや時代遅れであることを感じているからだ。本書では、戦後、日本が共産主義者によって、いかにグローバル化、共産主義化されようとしてきたかを徹底的に批判している。

【目次】
まえがきに代えて——武漢ウイルスの真実を探る
第1章 左翼グローバリズムの企み
 1 「敗戦」でも「対米従属」でもなかった戦後日本
 2 アメリカの「赤い星」たちが画策した野坂参三「共産政権」の誕生
 3 「日本国憲法」は「共産主義革命」の前段階のものだった!
 4 憲法に「象徴天皇」を残した共産主義者の謀略
 5 「象徴」という輸入語
 6 戦争犯罪人という烙印

第2章 左翼グローバリズムの誤り
 1 マルクス主義イデオロギーにとらわれたアメリカの歴史学者たち
 2 合理主義では日本は理解できない——磯田道史著『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』批判
 3 日本なしにサピエンス史を語るなかれ——ハラリ著『サピエンス全史』批判
 4 ユダヤ人をどう考えるか——べロック著『ユダヤ人』を読む
 5 「あいちトリエンナーレ」が残した問題——現代芸術の死と政治イデオロギー

あとがき——戦後は左翼グローバリズムの時代だった

【著者プロフィール】

田中英道(たなか・ひでみち)

昭和17(1942)年東京生まれ。東京大学文学部仏文科、美術史学科卒。ストラスブール大学に留学しドクトラ(博士号)取得。文学博士。東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目し、精力的な研究を展開している。また日本独自の文化・歴史の重要性を提唱し、日本国史学会の代表を務める。著書に『日本美術全史』(講談社)、『日本の歴史 本当は何がすごいのか』『日本の文化 本当は何がすごいのか』『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』『世界文化遺産から読み解く世界史』『日本の宗教 本当は何がすごいのか』『日本史5つの法則』『日本の戦争 何が真実なのか』『聖徳太子 本当は何がすごいのか』『日本の美仏50選』『葛飾北斎 本当は何がすごいのか』『日本国史』『日本が世界で輝く時代』『ユダヤ人埴輪があった!』(いずれも育鵬社)などがある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ