育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
決定版・慰安婦の真実 ――戦場ジャーナリストが見抜いた中韓の大嘘

決定版・慰安婦の真実
――戦場ジャーナリストが
見抜いた中韓の大嘘

著者:マイケル・ヨン
判型:四六判224ページ
定価:本体1600円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成30年11月02日
ISBN:978-4-594-08090-7
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

【本の内容】

世界75カ国に滞在、従軍記者・カメラマンとして戦場を熟知する男。
いま世界の主要メディアが注目するアメリカ人ジャーナリストが、
慰安婦の虚構を告発する!

「慰安婦問題」は壮大な詐欺事件です。
私はこの問題を調査するために11カ国を訪れました。ほとんどのジャーナリストと、いわゆる歴史家たちがこの詐欺に引っかかっています。
私は調査した上で書くことを信念にしているライターです。陸軍で働いた後、ライターとして戦地からさまざまな戦争や紛争を報道した体験から、嘘やごまかしにはすぐにピンときます。
当時、慰安婦制度があったことは事実であり、誰もそれを否定しません。しかし20万人から40万人もの女性が拉致された、などというのは韓国人と中国人の大嘘です。さまざまな人がそれぞれの理由で、慰安婦についての嘘をついています。韓国人の場合は心の奥底にある日本人への敵意が動機でしょう。「フェミニスト」も慰安婦について嘘を言っています。中国は慰安婦問題を利用して、韓国・米国・日本の重要な同盟関係を分断しようとしています。また中国は、日本人に憲法九条の問題で恐怖心をあおり、日本人同士で摩擦を起こす工作をしています。

【表記の訂正とお詫び】

『決定版・慰安婦の真実』(初版第1刷)において、表記の誤りがございましたので、別紙(PDF)のように訂正させていただきます。読者の皆様には心よりお詫び申し上げます。

【著者プロフィール】

マイケル・ヨン(Michael Yon)

1964年、アメリカ合衆国フロリダ州生まれ。1980年代にアメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー)に所属。2004年からイラク戦争、アフガニスタン紛争に従軍記者として参加。世界75カ国を巡りレポート。2008年に刊行した著書『Moment of Truth in Iraq (イラクの真実の時)』は全米ベストセラーを記録。慰安婦問題では長く埋もれていたアメリカ政府の調査報告書「IWGレポート」を再発見し、「慰安婦問題」の真実を調査し続けている。現在は、ジャーナリスト、写真家、ブロガーとして幅広く活躍し、世界の主要メディアから注目されている。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ