育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
日本よ、情報戦はこう戦え!

日本よ、情報戦はこう戦え!

著者:山岡鉄秀
判型:四六判224ページ
定価:本体1600円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成30年8月1日
ISBN:978-4-594-08021-1
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

※ 著者インタビュー動画をご覧いただくには、Google chrome、Firefox、safariなどのブラウザをご利用ください

【本の内容】

仕掛けられた情報戦に無防備な日本。
このままでは、国の誇りは守れない!

情報戦は「総合格闘技」だ! 
日本のエリートは、格闘技にたとえるとK-1ファイターに似ている。
立ち技系で、寝技は不得手。一定の条件下では抜群に強いが、
総合格闘技の試合に出てくると秒殺されたりする。
タックルで倒され、馬乗りされて打たれ放題なのだ。
国際社会のリアリズムというのは、総合格闘技である。
自分が下になっても技を仕掛けなければ負ける。
不利な体勢でも、相手の関節をとっていかなければ生きていけない世界なのだ。

【目次より】
第1章 情報戦が世界一苦手な民族・日本人
 情報戦の重要性を痛感した「慰安婦像設置」問題
 ファンタジーではなくリアリズムで世界を見る
第2章 優位戦の議論と劣位戦の議論を峻別せよ
 こちらの土俵を作り直して相手を巻き込む
第3章 議論する相手の性質を見極めよ
 相手を貶めるための嘘「誣告」は中国のお家芸
 「約束」という概念が日本とは違う韓国人
 中国の「手のひら返し」にだまされ続ける日本
第4章 内なる敵を克服せよ
 英語で日本を貶めている朝日新聞の大罪
 相変わらず英語で土下座している外務省のホームページ
第5章 反論より立論に注力せよ
 反論にもなりえる立論の重要性
 金を払えば終わりなると思っている日本人
第6章 即時性の重要性を理解せよ
 火事も情報戦も初期消火がポイント
 記者のインタビューにも即時に応える
第7章 カウンター・ナラティブを英語でつくれ――実例集
 「対抗する物語づくり」の重要性
 被害者を侮辱せず事実のみを述べる
第8章 情報戦に勝つための自己変革
 情報戦のカギはフレームワークの再設定
 米中の駆け引きの中で日本がやるべきこと

【著者プロフィール】

山岡鉄秀(やまおか・てつひで)

1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。2014年、オーストラリアのストラスフィールド市で中韓反日団体が仕掛ける「慰安婦像設置」計画に遭遇。子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCN(Australia-Japan Community Network)を結成。その英語力と交渉力で、「コミュニティの平和と融和の大切さ」を説き、非日系住民の支持を広げ、圧倒的劣勢を挽回。2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。現在、公益財団法人モラロジー研究所道徳科学研究センター人間学研究室研究員。AJCN Inc.代表。著書に『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)がある。
Twitterアカウント (@jcn92977110)
メルマガの登録URL https://www.mag2.com/m/0000110606.html

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ