育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
日本の戦争 何が真実なのか

日本の戦争
何が真実なのか

著者:田中英道
判型:四六判並製248ページ
定価:本体1500円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成28年11月30日
ISBN:978-4-594-07607-8
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

日本は侵略国なのか?
日本の対外戦争を徹底検証。
歴史の真実が今ここに!
「日本は侵略した」と思っているあなたへ。

日本は外国と、なぜ、どのように戦い、世界にどんな影響を与えたのか?
古代から近現代までの対外戦争史をたどり、欧米諸国や中国などとは異なる
日本の戦争の真実を明らかにする。

【内容】
○ 日本人と西洋人の戦争観はこんなに違う
○ 「侵略」という言葉では正しい戦争理解はできない
○ 日本最初の対外戦争としての「三韓征伐」
○ 「白村江の戦い」――日本はなぜ朝鮮半島に兵を送ったのか
○ 「刀伊の入寇」――日本史上、初めて「攻めてきた」外敵・女真族
○ 「元寇」とはどのような戦いだったのか
○ 豊臣秀吉の朝鮮出兵の本当の理由
○ 「薩英戦争」と「下関戦争」で日本が侵略されなかった理由
○ 「日露戦争」でも貫かれた日本の専守防衛
○ 「日韓併合」の真実
○ 新資料の公開で明らかになる日米戦の真実

【著者プロフィール】

田中英道(たなか・ひでみち)

昭和17(1942)年東京生まれ。東京大学文学部仏文科、美術史学科卒。ストラスブール大学に留学しドクトラ(博士号)取得。文学博士。東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目し、精力的な研究を展開している。また日本独自の文化・歴史の重要性を提唱し、日本国史学会の代表を務める。著書に『日本美術全史』(講談社)、『日本の歴史 本当は何がすごいのか』『日本の文化 本当は何がすごいのか』『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』『世界文化遺産から読み解く世界史』『日本の宗教 本当は何がすごいのか』『日本史5つの法則』(いずれも育鵬社)などがある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ