育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
マンガ 海の武士道

マンガ 海の武士道

原作:恵 隆之介
漫画:山野車輪
判型:A5判並製200ページ
定価:本体1200円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成27年12月8日
ISBN:978-4-594-07396-1
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

書籍のご案内

巻末で恵氏と対談されたKAZUYA氏がご自身の動画で本書を紹介下さいました。

転載元:「KAZUYA CHANNEL」

【本の内容】

「敵兵を救助せよ!」
422人の命を救った日本海軍駆逐艦「雷」艦長・工藤俊作の決断とは?

「自分が死ぬ前に、どうしても一言お礼を言いたかったのです」
元イギリス外交官サムエル・フォール卿は語り始めた。
昭和17(1942)年3月、ジャワ島スラバヤ沖――
漂流していた自分たちを救ってくれた、駆逐艦「雷」の艦長の話を…。

テレビ・ラジオで紹介され、中学校の道徳授業でも用いられた、大きな感動を呼んだ戦場の秘話、ここに待望の漫画化!

救助劇の全容と意義を、工藤俊作の生涯とともに、工藤、フォール卿、そして原作者・恵隆之介の視点から描く。
巻末には原作者・恵隆之介氏と動画チャンネル「KAZUYA CHANNEL」主宰・KAZUYA氏の特別対談を収録。


第一章 敵兵を救助せよ!
第二章 知られざる敵将兵大救助劇
第三章 英海軍士官から日本海軍への感謝と敬意
第四章 工藤俊作の生い立ち
第五章 大東亜戦争と工藤俊作
第六章 現代教育によみがえる「海の武士道」
≪巻末特別対談≫
恵隆之介&KAZUYA「若者に伝え残したい日本海軍精神」

【著者プロフィール】

恵 隆之介(めぐみ・りゅうのすけ)

昭和29(1954)年、沖縄コザ市生まれ。同53年、防衛大学校管理学専攻コース卒業。同54年、海上自衛隊幹部候補生学校(江田島)、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。同57年退官(二等海尉)。その後、琉球銀行勤務、米国国務省プログラムにて米国で国際金融、国防戦略等研修。現在、拓殖大学日本文化研究所客員教授。シンクタンク「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表。主な著書に『海の武士道 DVD BOOK』『沖縄が中国になる日』(以上、育鵬社)、『沖縄よ、甘えるな!』(WAC出版)、『誰も書かなかった沖縄』(PHP研究所)、『敵兵を救助せよ!』(草思社)、『海の武士道』『昭和天皇の艦長 沖縄出身提督漢那憲和の生涯』(以上、産経新聞出版)等がある。


山野車輪(やまの・しゃりん)

昭和46(1971)年生まれ。平成17(2005)年、『マンガ嫌韓流』(晋遊舎)を出版し日韓関係のゆがみを鋭く指摘。『ニューヨーク・タイムス』、『タイムズ』など海外の新聞メディアでも紹介される。同シリーズは累計100万部突破。他に『韓国のなかの日本』(辰巳出版)、『在日の地図』(ぶんか社)、『「若者奴隷」時代』(晋遊舎)、『終戦の昭和天皇』(オークラ出版)等の著書がある。

【対談者プロフィール】

KAZUYA(かずや)

昭和63(1988)年北海道帯広市生まれ。動画製作者。動画チャンネル「KAZUYA CHANNEL」を主宰、運営し、YouTube、ニコニコ動画で時事問題、政治などをテーマにした動画を日々配信。YouTube の視聴登録者は30万人以上。著述、講演活動も積極的に行い、主な著書に『日本人が知っておくべき「戦争」の話』(KKベストセラーズ)がある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ