育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
日本の宗教 本当は何がすごいのか

日本の宗教
本当は何がすごいのか

著者:田中英道
判型:四六判並製224ページ
定価:本体1300円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成26年11月4日
ISBN:978-4-594-07129-5
■この書籍を購入する

お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます

【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

歴史を読み解く鍵は宗教にあった!
日本の“すごさ”をその宗教に探る。

日本が豊かな歴史と文化をはぐくんできた最大の要因は、「自然」を「神」としたその宗教観にある。なぜ日本人は「自然」を「神」と呼んだのか、『古事記』と『旧約聖書』の決定的な違いは何かなど、西洋美術史研究の第一人者が歴史を題材に、比較文化の視点から解き明かす。
大好評『日本の歴史 本当は何がすごいのか』『日本の文化 本当は何がすごいのか』『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』に続くシリーズ第4弾!

知っていますか?
◇神様はどのようにして生まれたのか?
◇『古事記』と『旧約聖書』の決定的な違いは何か?
◇「三種の神器」とは何か? どのような意味があるのか?
◇七福神とはどのような神々なのか?
◇神様と仏様は何が違うのか?
◇神宮寺は神社なのか、お寺なのか?
◇奈良の春日大社には、なぜ鹿がいるのか?
◇ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通点は何か?
◇一神教と多神教の違いは何か?
◇日本人の宗教観は現代の科学とどのような関係があるのか?……

【既刊】  『日本の歴史 本当は何がすごいのか』は  こちら

【既刊】  『日本の文化 本当は何がすごいのか』は  こちら

【既刊】  『世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』は  こちら

【著者プロフィール】

田中英道(たなか・ひでみち)

東北大学名誉教授。フランス、イタリア美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に着目、日本独自の文化・歴史の重要性を提唱する。日本国史学会代表。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ