育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

本のご紹介

新刊本のご紹介
数字で読む日本

数字で読む日本

著者:川上和久
判型:扶桑社新書 並製248ページ
定価:本体740円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:平成21年6月1日
ISBN:978-4-594-05948-4
■この書籍を購入する
お求めは全国書店、
または
以下のオンライン書店にて
購入できます
【 注意事項 】

【本の内容】

あっと驚く数字から日本の現状がよく見える!

楽しく読める50のQ&Aに “日本を元気にするヒント”が満載!
30年後の日本のための30のマニフェスト付き!

■気になる50のQ&A■
Q1 40% ⇒いざという時、これで大丈夫?
   答 食料自給率
Q3 47.3g ⇒毎日無駄になってます
   答 1日1人当たり食品廃棄量
Q12 81,295と77,158 ⇒どちらもコンビニエンスストアの2倍以上あります
   答 神社と寺院の数
Q25 0回 ⇒アメリカは18回、フランスも18回、ドイツは53回変わってます
   答 日本国憲法の改正数
Q34 570万9千円以上 ⇒やっぱり子育ては大変!?
   答 子供1人高校卒業までの学習費
――このほか「食」「人口」「行政」「税金」「国際関係」「安全保障」などなど、日本の現状が一目でわかる、あっと驚く50の数字をQ&A方式で紹介。

【著者プロフィール】

川上和久(かわかみ・かずひさ)

明治学院大学副学長。昭和32(1957)年東京都生まれ。東京大学文学部社会心理学科卒業。同大学大学院社会学研究科社会心理学専攻博士課程単位取得退学。東海大学文学部助教授、明治学院大学法学部助教授を経て、現在、同大学教授。同大学法学部長を経て現職。専攻は政治心理学、戦略コミュニケーション論(広報・広告・情報操作)。政府・国民対話推進会議委員、日本教育再生機構副理事長等を務める。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ