育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
ブラック精神医療——「こころのケア」の不都合な真実

ブラック精神医療——「こころのケア」の不都合な真実

著者:米田倫康
判型:新書判224ページ
定価:本体900円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:2021年11月2日
ISBN:978-4-594-08884-2
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍版のご案内

【本の内容】

気軽に受診してはいけない!
◎不必要な治療で健康な人まで「薬漬け」に
◎隠蔽される患者への虐待・暴行・わいせつ行為
◎患者を治さない方が儲かる病院側の思惑
◎全国の有名病院で精神保健指定医資格の大量不正取得が発覚
「コロナうつかも?」で病院に行く前に知ってほしい精神医療現場の驚愕の実態!


【目次】
序 章  統計から読み解く精神医療の実態
第一章  コロナ禍で加速した「Go To精神科キャンペーン」「コロナうつ」という怪しげな造語/芸
第二章  問題点だらけの精神医療の実態
第三章  精神医療への幻想を打ち破る―防犯の視点
第四章  精神医療の正しいリスク評価
第五章  被害を回避するために

【著者プロフィール】

米田倫康(よねだのりやす)

1978年生まれ。東京大学工学部卒。市民の人権擁護の会日本支部代表世話役。在学中より、精神医療現場で起きている人権侵害の問題に取り組み、メンタルヘルスの改善を目指す同会の活動に参加する。被害者や内部告発者らの声を拾い上げ、報道機関や行政機関、議員、警察、麻薬取締官等と共に、数多くの精神医療機関の不正の摘発に関わる。著書に『発達障害のウソ』(扶桑社新書)、『発達障害バブルの真相』『もう一回やり直したい 精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び』(以上萬書房)。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ