育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
ゲーム依存から子どもを取り戻す

ゲーム依存から子どもを取り戻す

著者:佐野英誠
判型:四六判並製232ページ
定価:本体1500円+税
発行:育鵬社 発売:扶桑社
発売日:2021年8月3日
ISBN:978-4-594-08825-5
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍版のご案内

【本の内容】

「引きこもりや不登校の9割近くがゲーム依存」と主張するフリースクールの塾長が、寮での共同生活を通して「ゲーム依存」の子どもの現状と依存状況からの脱却までを綴る、現代の親の必読書。

1章・子どもたちは何をしているのか〜ゲームの実態〜
子どもたちとゲームの現状/子どもたちはなぜゲームにはまるのか
2章・親と子のゲーム戦争
不登校、そして家庭内暴力へ/課金システムの罠にはまる子ども/親が子どもの奴隷になる日/食に興味がなくなる子ども/子どもを?れない親たち
3章・子どもたちをゲームから取り戻す
寮での生活で子どもは変わる/子どもを説得する方法/子どもを救う仕事についた理由/必要なのは、本気度と熱量、人間味
4章・ゲーム依存の子どもたちの更生
伊藤塾の寮生活とは/どうして子どもは寮で立ち直れるのか/親子関係の修復/ゲーム依存を乗り越えた先に/卒寮への道すじ
5章・子どもを救うために親ができること
ゲーム依存にならない環境をつくる/「我が家のスタンス」を決める/子どもにゲーム機を与える前に/子どもがゲーム依存気味になったら

【著者プロフィール】

佐野英誠(さの・ひでのぶ)

1977年大阪府生まれ。全国フリースクール 伊藤幸弘塾 塾長。教育カウンセラー、不登校カウンセラー、保護者カウンセラー。
母子家庭で育ち、いじめ、不登校、引きこもりを経験するが、バスケットボールに出会って救われ、新聞配達で家計を助けつつ、小中高の7年間バスケットボール選手として活躍する。高校2年生の時、コーチとのトラブルが原因で退学。その後はケンカに明け暮れ、暴走族やチーマーとして荒れた生活を送る。26歳の時、教育カウンセラーの伊藤幸弘氏と運命的な出会いをする。その後伊藤氏のもとで修業を積み、2017年に伊藤幸弘塾の塾長となる。不登校、引きこもり、ゲーム依存、スマホ依存、ネット依存の子どもたちを、365日24時間体制の全寮制で、自立(自律)を支援し、家族関係の再構築をサポートしている。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ