育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
[増補]決定版・日本史

[増補]決定版・日本史

著者:渡部昇一
判型:新書判304ページ
定価:本体900円+税
発行:扶桑社
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍版のご案内

【本の内容】

日本の歴史という美しい「虹」を見るために
1冊で読む日本通史の決定版!
大人のための歴史教科書

個々の歴史的事実についての丹念な研究は尊い。
しかし、それだけでは国史という虹は生じない。
無数の歴史的事実から自分の国の美質を示すのは史観である。
無数の事実を見るための正しい視線の方向と距離が必要なのである。


【目次】
第1章   古代 日本人のメンタリティはこうしてつくられた
第2章   中世 「民の暮らし」を意識した武家政権が誕生した
第3章   近世 新時代は信長の比叡山焼き討ちから始まった
第4章   近代 日本は西欧のアジア植民地化に立ち向かった
第5章   現代 自分の国の歴史を再び問い直す


【主な項目】
◎日本の神話が「国をつくった」ではなく、
「島国をつくった」で始まっている意味とは?
◎画期的だった、神道の発想でつくられた奈良の大仏!
◎黒船来航にとった、徳川幕府の致命的ミスとは?
◎明治維新は革命ではなく大規模な政権交代だった!
◎日本の韓国併合が世界の植民地政策と違うところは?
◎ポツダム宣言は無条件降伏ではなく有条件降伏だった!

【著者プロフィール】

渡部昇一(わたなべ しょういち)

1930年10月15日、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.Phil.h.c(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。その間、フルブライト教授としてアメリカの4州6大学で講義。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。1976年第24回エッセイストクラブ賞受賞。1985年第1回正論大賞受賞。英語学・言語学に関する専門書のほかに『知的生活の方法』(講談社現代新書)、『古事記と日本人』(祥伝社)、『渡部昇一「日本の歴史」(全8巻)』(ワック)、『知的余生の方法』(新潮新書)、『決定版 日本人論』『人生の手引き書』『魂は、あるか?』『終生 知的生活の方法』(いずれも扶桑社)、『名著で読む日本史』『「時代」を見抜く力』(いずれも育鵬社)などがある。2017年4月17日逝去。享年86。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ