育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
世界史は99%、経済でつくられる

世界史は99%、
経済でつくられる


著者:宇山卓栄
価格:本体1200円+税
発行:扶桑社
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

国家はインフレで借金を踏み倒す?
金利低下は終わりのはじまり?
経済を通して世界史を眺めると、
混迷する日本や世界経済の“行く末”が見えてくる!

元予備校の人気世界史講師が、“バブル”“金融政策”“不採算部門のカット”“マーケットのコントロール”など、ビジネス用語も駆使して、世界史を「カネ=富」の観点から捉えた内容。知っておきたい「歴史」の流れがクリアに理解できる、ビジネスにも役立つ世界史の必読書。

***

◎ なぜ、ギリシアのような辺境の貧村が世界帝国となったのか?
◎ ローマの台頭、繁栄、衰亡の三段階、その力学構造とは?
◎ 漢王朝の経済論争、国家は市場に関与すべきか?
◎ 銀行業で華々しく成功する事業家一族、利子禁止をどのように回避したのか?
◎ 唐王朝、宋王朝はマーケットをどのようにコントロールしたのか?
◎ 一体化する世界、元王朝や明王朝はグローバリズムにどのように向き合ったのか?
◎ アジア、アフリカ、ヨーロッパを支配したイスラム、その力の源泉とは?
◎ ヴェネツィアではなく、ジェノヴァが新しい時代をつくることになったのはなぜか?
◎ ポルトガルの香辛料貿易の利益、スペインの新大陸産の金銀はどこへ消えたのか?
◎ なぜ、小国オランダは世界の覇権を握ることができたのか?
◎ オスマン帝国が形成したグローバル・リンケージ・システムとは何か?
◎ 急激な経済上昇はなぜ発生し、また、なぜ、それは欧米や日本に拡がったのか?
◎ イギリスは莫大な利益をどこから稼いでいたのか?
◎ 覇権国家イギリスは財政危機をどのように乗り切ったのか?
◎ 財政危機の救済に悪用されるリフレ政策、その功罪とは?
◎ なぜ、中国やイスラムでは近代化が起こらなかったのか?
◎ 新しい資本主義の局面を、イギリスではなく、ドイツがつくり上げていくのはなぜか?
◎ 戦争は回避不可能、戦争に突入しなければならない必然性とは何か?
◎ 日本軍のファイナンスはどのように失敗したのか?
◎ なぜ、アメリカ国民は軍拡の負担を受け入れたのか?

【著者プロフィール】

宇山卓栄(うやま・たくえい)

1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。著作家。個人投資家。テレビ、ラジオ、雑誌など各メディアで活躍、時事問題を歴史の視点でわかりやすく解説。 おもな著書に、『世界一おもしろい 世界史の授業』(KADOKAWA)、『イラスト図解 世界史』(学研教育出版)、『日本の今の問題は、すでに{世界史}が解決している。』(学研教育出版)、『経済を読み解くための宗教史』(KADOKAWA)、『世界史で学べ! 間違いだらけの民主主義』(かんき出版)などがある。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ