育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
沖縄が中国になる日

沖縄が中国になる日


著者:惠 隆之介
価格:本体1048円+税
発行:扶桑社
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

中国はこうやって沖縄を奪いにくる!

沖縄在住の元海上自衛隊士官による衝撃レポート

◎恐怖! 中国の沖縄侵略シミュレーション
◎メディアが報道しない習近平と沖縄のつながり
◎篭絡される沖縄の政治家たち
◎オスプレイ反対運動の正体
◎マスコミの反米・反日報道のウラ
◎徹底した自虐教育による県民の洗脳
……ほか

尖閣だけではない!

習近平の巧妙な沖縄侵略計画の全貌を暴く!

【著者プロフィール】

惠 隆之介(めぐみ・りゅうのすけ)

拓殖大学客員教授、『八重山日報』論説委員長。
昭和29(1954)年沖縄コザ市生まれ。昭和53年防衛大学校管理学専攻コース卒業。海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊勤務。昭和57年退官。その後、琉球銀行勤務。平成9(1997)年米国国務省プログラムにて国際金融、米国国防戦略等研修。現在、積極的な執筆、講演等を展開している。
著書に『敵兵を救助せよ!』(草思社)、『昭和天皇の艦長』(産経新聞出版)、『誰も語れなかった沖縄の真実』(WAC)、『海の武士道DVD BOOK』(育鵬社)など。

惠隆之介アソシエイト(公式ホームページ)
http://www.ryunosuke-megumi.com/

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ