育鵬社 IKUHOSHA Publishing Inc.

メインコンテンツ

育鵬社通信

トピックス

既刊本ご紹介
なでしこ日本史

なでしこ日本史



著者:渡部昇一
価格:本体1048円+税
発行:扶桑社
■この電子書籍を購入する

以下の電子書店にて
購入できます
【 注意事項 】

書籍のご案内

【本の内容】

――女性は太陽であり続けてきた!――

日本には神話の時代から、女性が“女性らしさ”を発揮してきた歴史がある。歴史の舞台で活躍した30人の大和撫子にスポットを当てた画期的な女性日本史。昨今の不毛なジェンダー議論に対置する書。

* 日本の男女は“陰陽”の相補関係――イザナミノミコト
* 日本の“元祖太陽”は機織の仕事をしていた――天照大神
* 『源氏物語』は“頂点の時代の頂点”――紫式部
* 歴史を動かした名演説と「女の道」――北条政子
* 建武の中興を台無しにした“尽くす女” ――阿野廉子
* 関ケ原の戦いの命運を分けた女の意地――北政所
* 八百屋の娘から将軍の母になった元祖・玉の輿――桂昌院
* 明治天皇に殉じた夫と夫に殉じた妻――乃木静子
* 元勲・桂太郎を盛り立てた天下の“あげまん”――お鯉 ...ほか

【著者プロフィール】

渡部昇一(わたなべ・しょういち)

昭和5(1930)年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和60年第一回正論大賞受賞。

■本についてのご意見・ご感想は、こちらから

いただいた内容は、ご本人の了解をいただいた上で『読者の声』として利用させていただくこともございます。

ページトップへ